So-net無料ブログ作成

告別式 [法事]

E2C8C50F-AB0E-4C51-BCDE-D2E6DA1FA9E7.jpeg

 喪主のご意向は質素な家族葬、

とは言うがあまりに立派な祭壇に

息をのむ。その中央の棺に納まる

故人はずっと昔から君臨する女帝

のようで、棺の中には貢物のように

餞別の品が贈られた。ある人はCD

をまたある人はドラ焼きを、絵を更に

その上からは棺の蓋も閉まらない

程の花々が被さった。そしてついに

故人の出棺は道中の無事を祈る周囲

の合掌に囲まれて霊柩車に納まった。

nice!(4)  コメント(0) 

3回忌 [法事]

image-20151116183527.png

赤松の緑が常緑であるとはいえ部分部分は枯れて

抜け落ち新芽にとって変わっていく。この少しづ

つの変化がまるで大木の呼吸のようでもあり、そ

して70年、80年と長い将来にわたって存在し

根を張り幹を逞しくしていくのだろう。龍光寺本

堂に響くモクギョウはそんな時の流れを刻んでい

るようでもある。今日は八重子さんの3回忌。


1周忌 [法事]

image-20150914092239.png

龍光寺境内は義母がなくなった1年前と変わらず、厳か

な佇まいと周囲の大木も鬱蒼として、訪れる人の焦りや

苛立たしさを鎮めてくれるようだ。住職は紫の法衣で

本堂に現れモクギ゛ョウを叩く。そんな御姿を前に見て

お経に聴き入っていると身体の奥に付着した、ちり芥が

拭われていくようだ。微かに熊野神社の太鼓の音が聞こ

える。そういえばご臨終の際もお祭りで、お神輿の掛け

声の中だったことを思い出す。


改葬 [法事]

image-20150822130739.png

お盆も過ぎたことだし、そろそろ納骨をと

石井石材さんに和尚さんの手配も併せてお

願いした。費用は新墓への入魂3万、供養

に2万、車代1万、計6万円、改葬納骨の

儀は「亮」の都合を優先し本日8/22(土)、

サッチャンと仁君も加わり和やかに執り行

われた。